お知らせ(ニュース・イベント)|一般財団法人日本きのこセンター

一般財団法人日本きのこセンター
サイト内検索 powered by Google
月別アーカイブ

ピックアップ

  • きのこ総合誌 菌蕈(きんじん)
  • きのこ百科
  • スタッフのつぶやき
  • リンク集

関連企業・サービス

  • 菌興椎茸協同組合
  • 種菌育成場
  • オンラインショップへるしいたけ
  • 天然温泉旅館対翠閣

お知らせ

2021年01月05日
令和3年度(2021年度)きのこ栽培担い手養成研修生募集

令和3年度きのこ栽培担い手養成研修を募集します。

 
 
  ◎目的
     原木シイタケなどきのこの持続可能な環境保全・循環型栽培に意欲的に取り組む力量と識見を有する担い手
     および後継者、また、地域におけるリーダー的な技術指導者などのの人材育成を図ることを目的とします。
 
  ◎研究科目
     (1)実習科目
       ・シイタケ原木栽培実習
        原木伐採から植菌、ほだ木育成、発生操作、採取、乾燥、選別、経営、流通までのシイタケの栽培全般に
        わたる実践的技術と知識を習得
       ・その他のきのこ栽培実習
        培地作成から植菌、培養および発生操作、採取、選別、流通までのきのこ栽培全般にわたる実践的技術と
        知識の習得
 
     (2)教科学習
        きのこ総論、シイタケ原木栽培論、きのこ遺伝・育種学、きのこの栄養成分論、分類・生態論、
        きのこの害菌・害虫論、椎茸栽培経営と流通論など。
 
          ※研修終了後の進路等に合わせてカリキュラムを組むため、研修科目を変更することがあります。
 
  ◎研修場所    一般財団法人日本きのこセンター 菌蕈研究所
 
  ◎研修期間    1年コース(令和3年4月1日から令和4年3月31日)
             ※原則1年ですが、相談に応じます。
 
  ◎受入人数    若干名(性別、年齢、学歴は不問)
  
  ◎応募書類    ・履歴書
              ・作文(研修を希望するにあたり、800字程度)
              ・健康診断書
 
  ◎応募期間    令和3年3月5日(金)まで(当日消印有効)
 
  ◎選考       面接ならびに書類審査による選考
             (面接は順次実施予定)
 
  ◎結果通知    令和3年3月下旬(応募者に対して文書にて通知します。)
 
  ◎受講料     1年コース 36万円
 
  ◎その他費用   個人負担(内訳は現地研修旅費、実験、実習、教科書代、作業に必要な装備等)
 
  ◎下宿など    希望があれば、賃貸アパートについては斡旋する。
 
  ◎資格授与    研修修了者に「きのこ栽培専門技術員資格認定書」などを授与する。
 
  ◎給付金制度   1年コースの研修生については、次世代を担う農業者となることを志向する49才以下
             (就農予定時)で、さらに諸条件(※)を満たしている者に対し、就農準備段階として支援
             資金が交付される制度があります。
             (※)農業人材力強化総合支援実施要綱
              https://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/attach/pdf/roudou-108.pdf
              別表 1農業次世代人材投資事業 第5の1の(1)
              https://www.maff.go.jp/j/new_farmer/n_syunou/attach/pdf/roudou-101.pdf

 

 
    
 flair研修希望の方は、まずは菌蕈研究所までご連絡ください。    
   お問い合わせ、応募先 
     一般財団法人日本きのこセンター 菌蕈研究所
     〒689-1125 鳥取市古郡家211番地
     TEL 0857-51-8111
     FAX 0857-53-1986
        

2020年10月13日
きのこ鑑定をご希望の皆様へ(お願い)

野生きのこの鑑定をご希望される場合は、
事前にお電話でご連絡いただきますようお願いいたします。
(土日祝日はお休みです。)

きのこシーズンになり、鑑定を行う研究員も出張等で不在の場合があります。
せっかく来所されても鑑定ができない場合もありますので、ぜひ、事前にご連絡ください。

また、野生のきのこは、名前がないものや食毒不明なものなどがたくさん存在します。
名前がついていたり、毒の有無が明確であったりするきのこの方が少ないくらいです。
鑑定にきていただいても、
「不明種です。」

「〇〇の仲間だと思われます。」
「食毒不明です。」
のような回答になる場合もありますので、
ご承知おきください。

 

電話番号 0857-51-8111

受付時間 9:00-12:00  13:00-17:00

 

mapleきのこ鑑定の際の注意事項maple

〇傷んでいるもの、ちぎれているものなど、きのこの原形がわからないものは、鑑定できません。

〇複数種ある場合は、箱などに種類ごとに分けて並べて持ってきてください。
袋にごちゃまぜになって持ってこられたものは、鑑定できません。

〇何のきのこなのか、と本当に知りたいものだけを厳選してください。

〇営利目的(直売所等に出荷するため等)の鑑定はお断りします。

〇研究員が不在の場合は鑑定ができません。お取り置きもしません。
 

 

ご理解とご協力の程、よろしくお願いします。

きのこ鑑定をご希望の皆様へ.pdf

 

ページの上部へ