令和4年度(2022年度)きのこ栽培担い手養成研修生募集(ニュース・イベント)|一般財団法人日本きのこセンター

一般財団法人日本きのこセンター
サイト内検索 powered by Google
月別アーカイブ

ピックアップ

  • きのこ総合誌 菌蕈(きんじん)
  • きのこ百科
  • スタッフのつぶやき
  • リンク集

関連企業・サービス

  • 菌興椎茸協同組合
  • 種菌育成場
  • オンラインショップへるしいたけ
  • 天然温泉旅館対翠閣

2021年12月28日 令和4年度(2022年度)きのこ栽培担い手養成研修生募集

令和4年度きのこ栽培担い手養成研修を募集します。

 
 
  ◎目的
     原木シイタケなどきのこの持続可能な環境保全・循環型栽培に意欲的に取り組む力量と識見を有する担い手
     および後継者、また、地域におけるリーダー的な技術指導者などのの人材育成を図ることを目的とします。
 
  ◎研究科目
     (1)実習科目
       ・シイタケ原木栽培実習
        原木伐採から植菌、ほだ木育成、発生操作、採取、乾燥、選別、経営、流通までのシイタケの栽培全般に
        わたる実践的技術と知識を習得
       ・その他のきのこ栽培実習
        培地作成から植菌、培養および発生操作、採取、選別、流通までのきのこ栽培全般にわたる実践的技術と
        知識の習得
 
     (2)教科学習
        きのこ総論、シイタケ原木栽培論、きのこ遺伝・育種学、きのこの栄養成分論、分類・生態論、
        きのこの害菌・害虫論、椎茸栽培経営と流通論など。
 
          ※研修終了後の進路等に合わせてカリキュラムを組むため、研修科目を変更することがあります。
 
  ◎研修場所    一般財団法人日本きのこセンター 菌蕈研究所
 
  ◎研修期間    1年コース(令和4年4月1日から令和5年3月31日)
 
  ◎受入人数    若干名(性別、年齢、学歴は不問)
  
  ◎応募書類    ・履歴書
              ・作文(研修を希望するにあたり、800字程度)
              ・健康診断書
 
  ◎応募期間    令和3年3月10日(木)必着
 
  ◎選考       面接ならびに書類審査による選考
             (面接は順次実施予定)
 
  ◎結果通知    令和4年3月下旬(応募者に対して文書にて通知します。)
 
  ◎受講料     1年コース 36万円
 
  ◎その他費用   個人負担(内訳は現地研修旅費、実験、実習、教科書代、作業に必要な装備等)
 
  ◎下宿など    希望があれば、賃貸アパートについては斡旋する。
 
  ◎資格授与    研修修了者に「きのこ栽培専門技術員資格認定書」などを授与する。
 
  ◎給付金制度   1年コースの研修生については、
              就農予定時の年齢が原則49歳以下であり、次世代を担う農業者となることについて
              強い意欲を有していること、概ね1年以上(1年につき概ね1,200時間以上)研修すること
              などが交付要件となる「農業次世代人材投資資金(準備型)」に申請することができます。
            
           一般社団法人全国農業会議所  
           【農業次世代人材投資資金・就職氷河期世代の新規就農促進事業】
             https://www.be-farmer.jp/support/subsidy/fund/

 

 
    
 flair研修希望の方は、まずはホームページのお問い合わせフォームからご連絡ください。    
  https://www.kinokonet.com/contact/ 
        
ページの上部へ