菌床しいたけの菌床製造地の表示について(ニュース・イベント)|一般財団法人日本きのこセンター

一般財団法人日本きのこセンター
サイト内検索 powered by Google
月別アーカイブ

ピックアップ

  • きのこ総合誌 菌蕈(きんじん)
  • きのこ百科
  • スタッフのつぶやき
  • リンク集

関連企業・サービス

  • 菌興椎茸協同組合
  • 種菌育成場
  • オンラインショップへるしいたけ
  • 天然温泉旅館対翠閣

2021年03月05日 菌床しいたけの菌床製造地の表示について

しいたけの栽培は大きく分けて
 原木栽培(自然に近い条件で育てる)
 菌床栽培(施設内で栽培する)     の2つの栽培方法があります。

菌床栽培は、おがくずにふすま、ぬか類、水などを混合し、ブロック状や円筒状に固めた
培地(ばいち)に種菌を植え付け、菌床で栽培するものです。

この菌床が製造された場所としいたけが発生して収穫した場所(原産地)が異なる場合があります。
しいたけの畑 ともいえる菌床部分、
それは海外で製造し、それを輸入したものでも、国内で発生・収穫すると
「国産しいたけ」と表示されます。

このような中、消費者により正確な情報を提供するため、
令和2年3月から、菌床栽培しいたけの生産者に対し、
原産地と分けて菌床の製造地を表示することが推奨されています。

菌床しいたけを購入する際には、原産地と合わせて「菌床製造地」も確認してみてください。

daijinaohanasi.jpg

daijinaohanasi.pdf

林野庁HPより
「菌床しいたけの菌床製造地の表示について」 https://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/kinsho_shiitake_hyoji.html
 

ページの上部へ