ご挨拶|一般財団法人日本きのこセンター

一般財団法人日本きのこセンター
サイト内検索 powered by Google

ピックアップ

  • きのこ総合誌 菌蕈(きんじん)
  • きのこ百科
  • スタッフのつぶやき
  • リンク集

関連企業・サービス

  • 菌興椎茸協同組合
  • 種菌育成場
  • オンラインショップへるしいたけ
  • 天然温泉旅館対翠閣

ご挨拶

菌蕈研究所長 農学博士 長谷部公三郎より

長谷部所長.jpg

  一般財団法人日本きのこセンターは、「シイタケ等きのこ・菌類」を通して我が国の森林・山村の健全な発展、国民の健康増進、そして学術文化の向上に寄与することを基本理念として活動しております。菌蕈研究所は、(一財)日本きのこセンターの中核的機関であり、昭和34年の開設以来、我が国の国土面積の67%を占める森林と中山間地域農林業の発展に貢献することを使命として、きのこに関する総合的研究を展開してまいりました。

燃料革命や都市への人口集中により、荒廃が加速化している里山を積極的な維持管理によって再生することが国民的課題となっております。広葉樹の循環利用による里山保全に重要な役割を果たしている原木シイタケ栽培は、生産者の高齢化・後継者難により、生産が大きく縮減しております。このため、担い手育成が喫緊の課題であり、高位生産技術の普及やブランド化等による高付加価値化を図り、若者が積極的に参入したくなる魅力ある原木シイタケ栽培を具現することが喫緊の課題です。

菌蕈研究所はブランド化等の差別化により、原木シイタケを再生・復活できるとの確信をもって、ブランド力の強い品種の開発や優位性発揮に有効な栽培技術の開発を加速化させるとともに、きのこ栽培担い手などの人材育成に注力してまいります。シイタケ以外の食用きのこについては、森林資源および国産資材の利用を前提とし、消費者ならびに生産者の安心・安全を確保でき、かつ、付加価値の高い品種・栽培技術の開発とその実用化に向けた研究を推進してまいります。また、きのこ類の適正な流通を支援するためのDNA品種識別技術、消費者の安心確保と産地偽装の抑止力強化のための原産地判別技術に関する研究を継続してまいります。さらに、きのこ類の消費拡大および国民の健康増進に貢献するために、食用・薬用きのこ類を含む野生きのこ類の健康機能性に関する研究や栽培実用化に向けた研究を進め、新たな産業利用へ繋げたいと考えております。これらの研究開発を幅広く実施するために、分類・生態研究に基づく菌類・きのこ遺伝資源を拡充するとともに、里山をきのこの山に再生するための方策を検討いたします。

また、米国のクラーク大学とのシイタケゲノミクス共同研究、鳥取大学菌類きのこ遺伝資源研究センターおよびアマゾン研究所(ブラジル)との研究連携を一層強化し、学術文化の向上と人材育成に寄与する所存でございますので、今後とも特段のご指導、ご協力をお願い申し上げます。

ページの上部へ